スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6フェス (6+1) 参戦記

P1040690r.jpg


2010年9月5日 猛暑のなか
6フェスに参加してきた。
今年は7時間だった。(正確には7フェスか?)

今年は4人組で参加した。
前回の三人に加え、マクレさんも参加してくれた。
王子も応援に来てくれた。
(このメンバーは林道アタックツーリングしまくっていた時代のメンバーだ。)
このクラスは全部で9台出場。総合では64台となった。

正直言うとこの日が来るのが憂鬱だった。
今年は異常に暑い。113年に一度の暑さだそうだ。
当日は快晴、暑くなりそうだ。
朝5:30に起きて、パンを食いながら会場に向かう。
すでに他の4人は来ていた。
タープも設置して準備は整っていた。
(いつも何もしなくてすいません。)
車検、ミーティングを終え、最終準備に入る。
キャメルバッグにアクエリと水を5:5で入れた。
ヘルメットの口元に吸い口をつける。
スタートライダーはマクレさん
次に自分、3番にメカ長、4番部長の順でまわる。
4周交代でまわる事とした。

僕は2番手なのでスタートは見に行かず、2周目で交代もありえるので
ピットロードで待った。ピットロード沿いに場所を確保できなかったので
他のチームの人たちに場所を間借りさせてもらった。
(邪魔してすみません。ありがとうございました。)

待ってるとメカ長たちがやってきた。
自分たちのクラスのバイクを待つ・・・
するとクラス3番手くらいで戻ってきた!?
すごいよマクレさん!
なんか分からんけど、メチャクチャ快走で
4周したのち、僕に交代だ。緊張である。
様子見つつ無難にこけないように壊さないように・・・
そんなことを考えながら、つい5周してしまった。
部長と交代。
はああしんどかった、休憩できる・・・
ピットで王子に「老けたな」といわれた。

コースの状況はかなり乾いていてホコリがすごかった。
前に2,3台いると見えないくらいだ。
スタート後の登りストレート後ガレ場のシケインがあり、
たまに渋滞する。ゲロ経験者の我がチームにとっては
たいしたことないガレだが。

そんな調子で2順目僕の番。
暑い、水を飲みたいがどこで水
飲んでいいか分からん。忙しいんです。
2周目のウォッシュボードでこけた。
集中力が途切れてしまった。
「あかん、かえろ。」
3周で部長と交代。

そんな調子だが快走を続け、2時間目くらいの
集計でクラス2位(!)を走っていた。

ピットで王子が疲れたライダーに
激辛ソースつきウインナーを食わせる。
容赦ない攻撃に感じたが、食欲でたのでヨシとしておくか。

その後、僕らはずるずると後退していき、数回の転倒で
右のハンドガードも外れてしまった。
もう右にはこけられない。
僕も壁に当たるなどした。キックスタータもたまに
効かない。

そして終盤。僕の番。
そこまでぼくだけ3周交代ばかりしていた。スミマセン。
最後の順番だから頑張って走るが、排気漏れがひどくなってきた。
そして交代。

でもすぐに部長が戻ってきた。
「排気漏れ直さんな、走らせてくれへん」
止められたらしい。M8のナットが無いようだ。
僕は急いでピットに行き、工具箱を漁った。
M6しかない・・・折りたたみの椅子のナットがM8に
見えたので外す。外してみたらM6だった。
その間、吉川和宏選手がM8ナットをくれたようで
無事復帰できた。(ISDE 日本代表頑張ってください)
・・・

ゴール地点でマクレさんと待つ。
チェッカー振られる前にもう1周突入できるか?
なんとか間に合い、もう1周出て行った。
その後、ゴールしたライダー達が続々と自分たちの前を
ハイタッチしながら通過していった。

終わればクラス7位、総合32位だった。
自分がもっと気合いれて体力もつけてればもっといい結果に
なったのかもしれないなと思うとみんなに申し訳なくて心残りだけど、
純粋に楽しかった。来る前憂鬱になってて、
実際メチャクチャしんどかったけどまたやりたくなる、不思議なもんです。

チームのみんなありがとうございました、王子も暑い中ありがとう。
スポンサーサイト

theme : オフロードバイク関連
genre : 車・バイク

練習日

more...

坂下6時間耐久レースその4

ピットレーンで係長の帰りを待つが、帰ってこない。
おかしい、どこかでとまったか?と言ってると後ろから
係長の声がした。なんで後ろにいるの?しかも歩きで。
バイクどこ行ったの???
「ガス欠や、バイク置いてきた。」
救出活動に出発決定です・・・。係長はその場に
へたりこんでしまった。
部長と一緒にガソリンを持ってモトクロスコースに行きます。
暑い・・・熱砂をとぼとぼ行きます。
コースの脇にKDXが待っていた。ガソリン補給し、
キックします。キックの感触が変ですが、10回くらいキックしたら
かかりました。
レースは多分あと30分くらい。3周したらレースは終わりです。
これ以上トラブルがないように、そろそろ走り出しました。
すこし走ったころ、まわりのバイクがペースを落としたのか、
慣れてきたのか、なんとなくKDXが扱いやすく感じるようになってきた。
いける。アクセル開けれる。なんかわからんけどセローを2台くらい、
あと車種不明1台くらい抜いた。
部長がサインボードを出していた。
「あと2周いける?」
余裕でいけます。いまさら急いでもしかたないですが、KDXのペースで
走ったほうが楽です。1周終わり、あと1周です。
もうすこしペースが上がってきた。途中で1回こけました。
そのとき2台くらいに抜かれてしまった。
林道区間に入る。右コーナーで地味にエンスト、こけた。起こしてキック。
再発進時またこけた。あかん、体力の限界か?
なんとか走り出し、後は無難に行きました。無難に行こうとするとしんどい。
そして無事ゴール。レース終了です。
41/63位でした。
096fes013.jpg
096fes009.jpg

めちゃくちゃしんどかったです。
1人で走ってた人ってすごすぎます。

レース後はカレー食ってノンアルコールで乾杯です。
これがメインかもしれません。
温泉入って帰りました。
川崎ってなかなかシブイですね。またやりたいなあ。
20090830a.jpg
20090830b.jpg

おわり。

坂下6時間耐久レースその3

終盤にかけての話。

1度KDXをピットに戻し、フロントのショックを調整。
低速でもっと動くように・・・効果はよくわかりません。
ちょっとましかな?
チェーンは伸びてない様子。

交代の間,昼飯を食おうとしましたが食欲まったくなし。
ゼリーをもらって無理やり飲み込みます。
焼きそばもってきてましたが、作る気力がわきません。
レース中、現地で作るのはあきませんね。

途中でエアーサロンパス投入、
手の痛みはかなり和らぎました。

キャメルバックの水は今回もスポーツドリンクと水を
5:5で混ぜる。これはいい感じです。喉が渇きません。
でも走ってる最中飲む暇ないです。ヘルメットの口の
ところに吸い口つければええんかな?
熱中症対策の塩飴も保険で食べときました。
ユンケルも貰いました。

そんな感じで交代を何度か繰り返しました。
最後の出番です。
レッドブルの人にジュース貰いました。

つづく

坂下6時間耐久レースその2

第一ライダーを待つがなかなか帰ってこない。
すこし心配になったときKDXが見えた。モトクロスコースの上だ。
なんか様子がおかしい・・・キックしまくっている・・・。
やっと戻ってきたと思ったら
「キックギヤなめたかも」と・・・
まだ2周目ですやん・・・あと5時間以上ありますやん・・・
第二ライダーは私なのでとりあえず交代します。
「絶対エンジン止めたらあかんで,でもブレーキはあんまりきかへんで」と言われ,
根性でエンジン回しまくろうと心に誓いました。
ピットロードを抜け,一旦停止指示に従い,停止。
瞬間!

プスン。いきなりとまりました。
とりあえず脇によけて押しがけします。
1回目。3速に入れて助走後クラッチミート!かかりません
微妙に上り坂で速度が稼げない。
2回目。3速に入れて助走後クラッチミート!かかりません
あきらめてキックしてみます。数回キックしたらかかりました。
「かかるやん!」

全開で走ります。なんやこれ!パワーあるやん!
セローと違ってグイグイ行く。でも、なんか・・・。
ストレート後のシケインを抜けしばらくゆっくり様子見。
怖い・・・ブレーキの感覚怖い,タイヤがグリップしません・・・
低速コーナーでこけそうです。アクセル開けたらスパーンと行きそうです。
そんな状態で走ってると手が痛くなってきた。
「あかん、帰りたい」
第三ライダーの部長と交代。

096fes007.jpg
096fes006.jpg

3周しかしてないのにバテバテになりました。つづく。
プロフィール

カレー先生

Author:カレー先生

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。